外壁にひび割れ?塗装はするべき?

人生の大きな買い物といえばマイホーム購入ですよね。夢のマイホームを手に入れたのに築年数が経つと劣化するのは仕方のないことです。

少しくらい大丈夫かな・・・と思って放置すると建て替えなければ補修できないといった事例もあるんです。

そこで今回は本当に外壁塗装は必要なのか。どういった業者を選ぶべきなのか調べてみました。

外壁塗装は必要なのか?

初めに言っておくと絶対必要です。それはなぜなのか。外壁が傷ついたり、デザインが飽きたからといった理由だけではないんです!!

塗装を行うことで外壁素材を保護し、紫外線や雨水などが侵入するのを防ぎます。雨水が侵入すると建築材の腐食を招き、建物の寿命が短くなります。快適な住まいを維持するためには、外壁塗装はとても需要です。

劣化で起こること

・色褪せやカビ、コケが生える、チョーキングは塗り替え時期が近いことを表しています。

チョーキングとは白亜化現象と言われ、塗料に含まれる顔料が、外壁表面にチョークの粉のように出てきてしまうことで劣化が進んでいることを示しています。

・塗膜の膨れは進行すると剥がれに繋がります。これはかなり症状が悪化しており対処が必要になります。

・ひび割れや目地の劣化も同様に雨水が侵入し外壁素材や建築素材が劣化して雨漏りの原因にもなります。

ひび割れは経年劣化や外壁材の特性や施工不良など、さまざまな理由で起こります。ひび割れの種類によっては緊急性が高いものもあるため注意が必要です。

外壁塗装の塗り替えるタイミング

基本的には10年から15年程度と言われており、外壁材や塗料によって耐用年数が変わってきます。しかし、先ほど言ったように劣化症状が出ている場合は塗り替えるタイミングが近い、または早急に塗り替えた方が良いということになります。

あくまで目安と考えた方がいいでしょう。

業者を選ぶポイント

塗装は定価というものがありません。そのため適正価格かどうかを見極めるのは素人には難しいです。業者を比較をすることが悪徳業者に騙されないポイントです。

また、連絡もなく突然営業マンが家に来る場合は注意が必要です。国民生活センターでは高齢者が契約させられたケースが多く報告されています。

まずは無料相談がおすすめ

ここまで塗り替えが必要な理由をお話ししてきましたが、一括見積を利用する方も多いと思います。しかし、たくさんありすぎて分からない、決められない方は多いと思います。私もその一人です。

外壁塗装ホットラインは、地域の優良塗装店を紹介してくれる仲介業者で約14万人の利用実績があります。

無料相談でヒヤリングを行い、条件に合う塗装業者加盟店を紹介してくれます。塗装業者加盟店は厳正な審査を通過した業者になりますので安心です。他で見積りされた方でも匿名で適正価格かどうかもチェックできます。まずは公式サイトでチェックがおすすめです。

長く住み続けるためにはメンテナンスが必須となります。まだ大丈夫か・・・と放置して手遅れにならないよう検討してみてください(^^♪


タイトルとURLをコピーしました